No.216
夫の不倫が発覚。私より相手の女性の方を愛していると言われましたが、
私は嫌いになれません。もうダメなのでしょうか?
M・Uさん(47歳) 夫 子ども3人 義母と妹
2006.2.15
 恋愛期間5年を経て結婚して早や21年、主人52歳で、子どもは20歳、18歳、14歳の3人です。主人の不倫が発覚したのが1か月前。主人にその事を聞いたのが2週間前です。主人は誠実で嘘をつく人ではないと思っていたから、すぐには聞けませんでした。
 1週間は、何故? 何故? と一人で自問自答を繰り返すばかりで……。次の週はどうしたらいいんだろう? 誰に相談したらいいんだろう?と思い悩んで、それとなく聞き出そうとしたり、ベッタリしたり支離滅裂でした。結局、そんな私の行動を見て、主人は何か感じてしまったらしく、自分から告白しました。
 相手の方にも家庭があり、4人の子どもさんが居られます。上の3人は社会人で、一番下の子が高校1年生だそうです。主人は1年前まで自営業を営んでいましたので、その事務的な仕事を、私が勤めながら休日に引き受けていましたが、昨年の秋頃、別の会社から誘いを受け、今年から会社勤めになりました。その誘われていた頃(私が相談を受けたのは11月で、もう彼の中では会社勤めをすることを決めていました)に、いろいろ相談をしていた女性が彼女です。
 彼女は私とは正反対の性格で、常にリーダーとしてみんなを引っ張っていく人です。というのも、彼女を子どものPTAの関係で知っていて、学校の中だけではなく、行政ともつながりを持ち、力を発揮している方です。夫はその女性に私以上の感情を持っていると言っていますが、彼女の立場を考えれば、彼女が家庭を捨てる事は出来ないだろうし、自分が彼女の夫になって、今のご主人がしていることが出来るかというと、多分出来ないだろう。でも、一緒に居たいと言っています。
 彼女のご主人は、毎日、県内外を飛び回っている彼女に代わって家事一切を、勤めの傍ら行っているそうです。その彼女とも会って話をしました。彼女は、いずれ主人を私に返すけど、今はその時期ではないと言っています。主人の気持ちが不安定で、自分が去っても別の女性に行くか、家を出るだろうからと……。でも、主人は彼女以外の女性に心がゆれることはないと言っています。完全に溺れています。 
 私は、自分の存在を完全否定されているようで、心がズタズタに切り裂かれてしまいました。でも、それでも主人を愛しているのです。主人が不倫関係になった原因が、主人の心が揺れていた時期に、私は、事業の借入返済の事とか子どもの大学入試の事とかでいっぱいいっぱいだったのです。それに、彼女に私には自分の弱いところを見せられないと言ったそうです。自分は強い男・父親でいないといけないと……。私が主人を追い詰めていたのかもしれないと思ったら攻めることが出来ませんでした。
 今は「嘘をつかない」という約束だけで、彼女とももう会わないでってお願いしたけど、それは出来ないと言っています。だから、会うときにはメールで何時に会うと送られてきます。ただ、彼女の方は会うけど体の関係は、もう持たないといってくれました。
 週末はちゃんと二人で会話をと思っているのに、毎回、出張や同僚の家に行き、帰ってきません。メールで「壊れそう! 帰ってきて」と思わず送ってしまいました。でも、帰ってきませんでした。そんなことをしたら、余計心が離れてしまうことは分かっていても、せずにいられない自分がいます。もう私達はだめなのでしょうか?
 
耐えるだけではあまりに惨め。時には断腸の思いで、
ふざけるんじゃねえ、舐めるんじゃねえと本気で怒ることも必要では……
 恋愛期間を含めると、四半世紀以上の間、あなたと夫は生活を共にしてきて、子供も3人いる。お姑さんも一緒に暮らしているんだよね。

 そんな歴史のある夫婦で、しかも、あなたが誠実な人という夫とあなたの間に何があって、こんな不誠実な状態になってしまったのか。不倫が発覚したのが、一か月前ということだけど、一体、いつからそんな関係を続けていたんだろうね。昨年の11月頃に、自営業から会社勤めに変わろうかという相談を彼女にしているうちに、そういう関係になったともとれるけど、そういう関係だから、妻に相談するべき事柄を彼女に相談していたともいえる。

 それにしても、彼女も夫も、揃いも揃ってあなたを何だと思っているんでしょうね。心がズタズタに切り裂かれてしまったというあなたの苦しみが、 痛いほどわかります。あなたは、彼女と正反対の性格と自ら認めているように、 きっとおとなしくて、何事にもじっと耐え忍び、夫の決定に従う従順でやさしい女性なんだろうね。だから、この状況も必死で受け止め、もしかしたら夫が悩んでいる時に、借金返済のことや子供の教育のことでいっぱいになってしまっていた自分が悪いのではないかと内省的に考えてしまう。

 だから、 心を切り刻まれても怒りをぶつけるよりも、悲しくなってしまう。心を傷つけている夫に、帰って来て!とすがってしまう。そんなあなたの必死の叫びを、今の夫はうざったいとしか思わないし、無視されるかもしれないし、そのことで相手の心を余計に離すことになるかもしれないとわかっていても、そうするしかない。

 あまりに人間として惨めじゃないか。時には、血を吐くような思いで、断腸の思いで、「ふざけるんじゃない! 舐めるんじゃねえ!」と怒鳴り上げることが必要な場合があるんじゃないかと思う。人間としての誇りが傷つけられた時、人としての矜持、プライドを必死に守るためにね。へたりこみそうな時、最後に自分を支えてくれるのは、人の同情でも慰めでも誰かに期待する気持ちでもなく、人としてのプライドではないかと私は思っているから。

 あなたは夫を愛しているから、失いたくないから、プライドを捨ててすがってしまっている。そうすればそうするほど、気持ちは弱ってきちゃうものだよ。

 夫も、 彼女も何一つ捨てようとしていない。それでいて、最も大事にしなければならない相手は、平気で裏切る。彼女は、やり手で、リーダーシップのある活発な女性で、行政とも渡り合う凄腕で、地元の名士的な女性かもしれないけど、あまりに自分勝手だよね。自分を黙って支えてくれた夫を、何と思っているんだろう。

 そのうち返すけど、 今はまだその時期じゃないとは何たる言い草。 つまり翻訳すると、「あんたの夫とは本気じゃないのよ。家庭を捨ててまで一緒になる気はまったくないんだけど、まだ捨てるのはもったいないからもう少し遊ばせて」ということだよ。あなたをバカにしているのと同時に、あなたの夫もバカにしている言い草で、しかも自分の夫をも見事にないがしろにしている。

 あなたの夫は、 そんな彼女にあなた以上の愛情を感じていると言っているようだけど、所詮、遊ばれているとしか思えないね。彼女が家庭を捨てることはできないだろうし、自分も彼女の夫のように献身的には尽くせない。だから、お互いの連れ合いの気持ちをズタズタにして、面倒なことはおしつけて、自分たちだけ楽しみましょうってこと。

 でもね、彼女はそのうち飽きるでしょう。夫が彼女の安全圏以上に感情を高ぶらせて入り込もうとしたら、その時があなたに返す潮時ってことなんだよね。

 そういう意味では、やがて戻ってくるのだろうと思う。何もかも捨ててもいい。どんなに世間から糾弾されてもいい。それぞれの夫や妻にすべてを渡して無一文になっても、結婚したいのだという強い気持ちがあれば、もう諦めるしかない。でも、それならまだ許せるという気持ちにもなる。だって、どんな状況で人を好きになるかなんてわからないからね。人を傷つけながら、自分もまた深く傷ついて、それでもそうするしかないというのなら敗者は負けを受け入れるしかない。

 でもねえ、ただたわむれに遊び半分に人を傷つけ、自分は何一つ捨てようとしない人間は、私はどうひいきめに見ても許せないんだよね。お互い戻るところはキープして、安全圏で人を傷つけているんだから。

 あなたは、それでも夫を愛しているんだよね。それは大変に強いことだと思う。もう私たちはだめなのでしょうか……という問いには、 夫が他の女性に心が動いてしまった時には、夫婦はもうだめなんだと思う。ただ、相手に捨てられるか、再び気持ちが変わって戻ってきた時に、これまでの経緯をすべて許し、何事もなかったかのように迎え入れるのだという覚悟があれば、そこから新しい関係が始まる可能性はある。そういう場合は、旧に復するのではなく、新しい関係が始めるのだと思う。

 もっとも人間というのは、機械じゃないから、なかなか見事にリセットすることはできないからね。自分にした仕打ちが、じわじわと疼いてくるのは、それからだったりする。これもまた苦しいことだよね。

 今、 あなたが何を言っても、どんな働きかけをしても、彼らには感じるセンサーがないと思った方がいい。妻としてどんなにまっとうな叫びでも、追えば追うほど「だからイヤなんだよ」と自分を正当化させるだけ。それがわかっているなら、 そうしちゃう自分に全力でブレーキをかけなよ。帰って来てと泣かずに、ふざけんじゃねえよ!と怒ってみなよ。

 この試練にただ耐えているだけじゃ、いつまでたってもおとなしいだけの都合のいい女になっちゃうよ。一番下の子は14歳。思春期でしょ。あなたがオタオタしてたり、元気なかったり、面白くなさそうにしていたら、この子に悪い影響を与えるから。

 もし、あなたがそれでも夫を愛しているという思いに揺るぎがないなら、こんな時期こそ踏ん張り時。子供たちや姑との結束をしっかり固め、やがて返されてくるだろう夫とどんな関係を新築するか、そのためには自分を気持ちをどう鍛えておけばいいのか、よく考えてしっかり自分の中に芯を構築しておきな。こんな機会でもなければ、できないことだから。経済力も含め、ひとりでも生きていける強さを身につけるチャンスだよ。ひとりで生きていければ、身勝手な夫が今後何をしても、備え万全。その余裕が、新しい関係の礎になるものと思うからね。