No.229
夫が昔の彼女のことを、今でも尊敬している、と発言。
以来、彼女のことが気になってしかたがありません
Y・Oさん(29歳) 夫 子どもひとり
2006.5.17
 主人の昔の彼女が、気になってしかたないんです。もう結婚して4年経つし、主人と彼女が付き合っていたのは、10年近く前のことなんですが、どうしても拭いきれません。「昔の彼女は今も頑張っているなって思うし、尊敬している」と、主人が言っていたのが事の発端です。私は、妊娠して退職しましたが、主人も、その彼女も同じ会社でした。彼女は30歳を過ぎた今でも、働き続けています。だから、余計に気になってしまうのです。
 私は、割といい加減で、仕事もあまり長続きしないので、10年以上勤め続けている彼女に、コンプレックスを感じているのかも知れません。彼女は周りの評判もそんなに良いわけではなかったし、特別美人でもありません。なのに、気になって気になって、自分でもおかしいとわかっているのに……。
 彼女とは、ほとんど話をした事はありません。だから、私の中で勝手に美化して、敗北感を感じているんです。頑張り屋で、頭が良くて、しっかりしてて、趣味とかやりがいをちゃんと持ってて、自分とは正反対の人だ、なんて。でも、一方、彼女もただの人間で、だらしないところも、ずるいところも、汚いところもあるハズ!などと考えたりもするのですが、でも、ダメ。
「パッと見は悪くないけど、パーツは3流。目は近すぎるし、鼻が低くて、鼻の下は長すぎ、歯並びも悪い。なのに、自分のこと可愛いと思っているみたいで、やたら自信過剰っぽい。彼氏がいないわけじゃないのに、30歳過ぎても結婚しないのは、やっぱり女として足りない部分があるからだ。その歳まで独身で、親に孫の顔も見せてあげられないなんて、親不孝よね〜」と、勝手に欠点を挙げて彼女を貶さないと安心できなくて、自分が浅ましくて嫌になります。
 私は、いい加減な付き合いしかしてこなかったので、昔の彼氏の事なんて思い出しもしないし、何の思い入れもありません。だから、別れた後でも彼女を尊敬している、という主人が許せないのかもしれないし、羨ましいのかもしれないし、よく分からないのです。
 彼女と主人が、これからどうこうなる、ということが心配なんじゃないんです。ただ、彼女と主人の過去が、許せないのです。そんな事を思っても、何にもならないし、自分を貶めているだけだと分かっているのに、彼女の事が羨ましいのか、悔しいのか、憎いのか、本当に分からないのです。この気持ちをどう処理したらいいのか、分からないのです。気にしなければすむことと分かっているのに、それが出来なくて苦しいんです。彼女の事さえなければ、もっと私は幸せなのに、彼女さえいなくなれば……、とまで考えてしまう程です。
 支離滅裂な文章になってしまいましたが、どうかよろしくお願いいたします。
 
尊敬と好きは別物。選ばれたのはあなただから、もっと
自信を持って、夫と一緒に彼女の良さをほめてみたら?
 てっきり、夫と昔の彼女が同じ会社に勤めているので、再び関係を持つようなことになりはしないかと心配しているのかと思ってしまいました。でも、その点に関して、あなたはまったく不安に思っていないんだね。 彼女と夫が、 これからどうなるのかという心配をしているわけじゃないというのは、夫への信頼があるってことだよね。現在あなたと夫婦であることを、夫は大事にしているし、そのことをあなたも感じているってことだよね。

 もし夫の気持ちに疑いを持っていたら、過去のことなんかより現在のことが気になるはずだものね。過去の存在である彼女は、あなたの現在の家庭を壊すことはできない。でも、過去に縛られているあなたが、この言いようのない感情というか、何か面白くない! という気持ちを処理できずに自分の中で膨らませ続けていけば、せっかく切れている過去の彼女を、あなたの手で夫と結び付けてしまうことで、夫とあなたの関係が壊れてしまうということは考えられるよ。

 どうやら、あなたの今の状態は、夫の過去の一点で付き合っていた“彼女”の幻影を自分の中でどんどん大きくして、その影と格闘しているって感じ。影は、あくまで影であって、実体ではない。あなたの気持ちが生み出したものだから、あなたの“彼女”への思いが膨らめば膨らむほど、苦しみが大きくなる。 つまり、あなたは自分が作り出した影を相手に、悪戦苦闘しているような気がするんだよね。

 一生懸命、“彼女”を否定してるよね。顔が悪いとか、自信過剰だとか、結婚できないのは何か足らないんだとか……。その度に、ぐんぐんと彼女の影は成長しちゃう。 否定しても否定しても、否定しきれないからじゃないかな。無理して否定しようと頑張れば頑張るほど、どうしても否定しきれない彼女の良さが、逆にあなたの中で暴れまくっちゃう。

 そのきっかけになったのが、夫のひと言なんだよね。「昔の彼女は、今でも頑張っているし、尊敬している」

 なんで夫は、こんな言葉をあなたに言ったんだろうね。

 誰にだって過去はあるわけで、その過去が今目の前にいる人間を育てたわけだから、過去を許さないというと、現在を愛することはできなくなっちゃうでしょ。あなたにも過去はあるわけで、それを許さないと言われたって、困っちゃうものね。

 あなたが、 夫の過去を許せなくなったのは、 過去を誉めたからなんだと思うね。現在との比較で、過去を誉めたという見方をしちゃったから。

 異性関係の過去ということで言えば、まったく無視して完璧過去をネグっちゃうタイプと、過去を素直に認めるタイプと、過去をクソミソにいうタイプに分かれる。あなたの夫は、自然に認めてしまうんだね。このタイプが一番、人がいいのかもね。

 自分が付き合った人を、バカだのひどい女だったのとけなすのは、瞬間は気分がいいかもしれないけど、しだいにイヤ〜な感じになるものだよ。夫が昔の彼女を今でも尊敬しているというのは、今でも好きだといっているわけじゃない。もし今でもくすぶっている思いがあれば、逆に言えない言葉だよね。

 でも、それであなたはすっかり自信喪失してしまった。自分はいい加減で、仕事も辞めちゃったし、趣味や生きがいも何かはっきりしないし……、彼女へのコンプレックスをひっくり返すために、悪いことを並べ立てている。

 でもね、そんなことしなくてもいいんだよ。彼女の良さを、あなたも認めちゃえばいい。自分は彼女とは正反対だ!と思い、正反対の彼女を尊敬しているという夫に対して頭にきちゃっている。でもね、 正反対なんかじゃないんだと思うよ。正反対なら、きっとあなたと結婚しないよ、夫は。

 とんでもないダメ女だったと彼女を否定して、あなたを選ぶのと、頑張りやで尊敬している彼女と別れてあなたを選ぶのと、どっちがあなたの価値があがると思う? ダメ女だと言えば、あなたはダメ女に毛が生えた程度の存在かもしれないけど、尊敬している女性を越えて生涯を共にしようと決断したのだから、あなたはもっともっと自信持ってればいいんだよ。きっとあなたには、尊敬プラスアルファがあったんだよ。

 自分を貶める必要なんかまったくないのに、せっせと自分を貶めてどうするの!

 こんなふうに、彼女を必死に悪者にして憎しみを燃やしたり、抹殺したいと思ったり、あるいは自分を卑下したりしていると、どんどんあなたの魅力が消えていってしまうよ。

 さもしい気持ちでいるとさもしい表情になってくるし、寂しく自信のないことばかり考えていると、寂しくて面白みのない女になっちゃうよ。そういう人と一緒に暮らしているのは、たまらないからね。どんどん自分を追い詰め、夫を遠ざけてしまうことになる。実体もない幻影相手に、一人相撲とって、一人で敗れていくなんてばかばかしいと思わない?

 彼女を否定しようとするから、気になるし、巨大化するし、悔しさは増し、支離滅裂になっちゃうんだよ。美化することもないけど、無理してけなすこともない。夫はさすが目が高いわと認めちゃえばいいのよ。ガバッと飲み込んじゃえばいいのだよ。

 飲み込んで栄養にして、 あなたの中で素直に彼女のここはステキだなとか、この部分は負けてるかも……というところがあったら、自分磨きとして補強すればいい。自分のこともそう。彼女の正反対だと一括自己否定しないで、ここは私の魅力だ!と思うところはさらに強化していけばいい。それが人間を磨く、オンナを磨くことだと思う。

 ドツボに向かってまっしぐらはやめて、よいしょ!と回れ右。考え方の方向転換できないかな? 見える景色が違ってくるから。